東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

問診中写真

骨盤が歪むとは

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切な部分。

実際には一塊の大きな骨ではなく腸骨、仙骨、坐骨、恥骨など複数の骨から形成しています。脊柱(首から背骨)とともに、体を支える『土台』のような役目を担っています。この土台が歪むことによって影響が全身に及ぶことは簡単にイメージできるでしょう。ただし医学的に厳密に考えれば事故以外に突発的に『骨が歪む(変形する)』ということはありません。仮に本当に急に骨盤が歪み変形していたとすれば普通に日常生活が送れないほどの影響が出るはずです。可動域が仙腸関節(仙骨と腸骨をつなぐ部分)のみということもあり骨盤は大変頑丈な部位なのです。『骨盤の歪み』については世間ではもちろん医師の間でもその解釈が分かれます。なぜならば何をもって歪みとするかという『医学的な定義』がないからです。今回は一般的によく言われている『骨盤の歪み』という表現を使用しますが実際には『姿勢の悪さ』といったほうが近いかもしれません。

 

骨盤が歪む原因

骨盤が歪む(姿勢が悪くなる)原因にはさまざまなものがありますので以下にご紹介します。

①妊娠・出産

妊娠によってお腹が大きく重くなってくると体の重心もどんどんズレてきます。これによって骨盤周辺にも負荷がかかり続け痛みが生じる原因となります。なお『骨盤の歪み』という言葉そのものの意味に最も近いのが『出産に伴う骨盤の変化』かもしれません。出産によって産道とともに骨盤は大きく開いてしまいます。開いた骨盤が自然と閉じるのに72日間という期間がかかりますのでそれまでに骨盤に負担がかかると骨盤はズレてしまいます。

②姿勢に関する悪い癖

立っている際、どちらかの足に体重をかけてしまっていたり、うつむくように歩いていたり、横座りや足を組むなどの悪い癖をしていると骨盤はズレてしまいます。

③デスクワーク

どうしても座っている時間が長くなりそれに伴って背中や腰に痛みを生じることがあります。

④運動不足

運動不足により筋力が弱まると体を支える力が弱まり姿勢が悪くなります。

 

症状

・肩こり    ・腰痛     ・冷え性     ・生理不順

・むくみ    ・頭痛     ・便秘      ・こむら返り

・下肢の脱力感 ・坐骨神経痛  ・脚長差(足の長さの違い)など

治療

骨盤がどのようにズレているか、どのような影響がでているか、ということをしっかり検査した上で当院の骨盤矯正で正しい位置に治していきます。なんといっても当院独自の施術法『リメイクボディ平岡式整体』は根本的な施術ですので、患者様も納得されながら症状が少しずつ軽減すると共にあなたの身体の設計図通りに戻っていくのです。もし少しでも歪みや痛みなどを感じた際は、是非リメイクボディ平岡にご連絡ください♪

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP