東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

膝の治療

変形性膝関節症の施術に大事な事

前回のお話 歩行に大事な関節の嫌な痛みは何?

生活指導面

膝関節への負担を減らすために体重減少のアドバイスをしたり、杖の使用をお勧めします。杖なんて大げさやし…体重減らせって無理やわ…と思われるかもしれません。ですが治療する上では最短の近道です。体重にもよりますが、膝には約200キロの負担が常にかかっています。その体重の負担を杖は手に逃がしてくれるんです(^-^)体重が重い人は普通の人より膝に負担が1,5~2倍かかっているわけですから早急に対応するべきです!(私も25㎏増えた時は膝が痛かったです…泣)

トレーニング面

ヨガする女性

上向きで足上げ訓練や太ももの前の強化トレーニングなどを指導させていただきます。プールなどの水中歩行は膝にかかる体重の負荷が少なくてすむので、合理的だと思われがちですが、日常生活の中で水中に入ることはありますか?膝だけでなく色々な関節は自重(ご自身の体重)と重力がかかっているからこそ正常な関節運動が出来るのです。宇宙飛行士は宇宙に行く前、宇宙から帰った後に必死でトレーニングします。それは関節の安定性を高めるはずの筋肉が著しく低下するから。なぜ低下するのか、それは重力が無くなるからです。痛いかもしれませんが自主的なトレーニング面では公園や家の近所を散歩しましょう。変形が進行している人や筋委縮予防には等尺性運動という関節の運動無しのトレーニングをおススメします。

次回はご自宅で誰でも出来る簡単な膝体操をお教えします♪

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP