東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

コルセット

椎間板ヘルニアを予防するには中腰での作業重たいものを持つなど腰に負担がかかる事を避けるのが重要です。また、負担を減らすだけでなく負担に耐え得る身体を作る事も大切です。柔軟性を上げたり筋肉を鍛えたりすることがそれにあたります。1人1人の状態や置かれている環境は違いますので自分に合ったヘルニア予防策を講じることが重要と言えます。お仕事などの都合でどうしても避けられない場合、コルセットなどで保護してあげることも効果的です。また、コルセットを間違ったやり方で巻かれている方が多いのでコルセットを正しいやり方で巻く方法を写真で御紹介させて頂きます。

誤った巻き方

コルセットの巻き方コルセットの巻き方

 

コルセットは骨盤を固定するために巻きますので、このように巻く位置が上すぎる場合ですと骨盤ではなく腰椎に巻くことになります。

正しい巻き方

コルセットの巻き方

コルセットの巻き方

コルセットの巻き方

コルセットを正しく巻くにはこのようにお尻の部分を巻いてあげて下さい。

お風呂に入るときの注意点

・急に痛みが出たときや強い痛みがあるときは長湯しすぎない(できれば湯船に浸からない)

・お湯の温度を高くしすぎない(40℃)

お風呂に入るときに長湯したり、お湯の温度が高すぎると体に熱を持ってしまうので痛みが増加してしまう可能性がありますので気をつけましょう。

以上のように当院では治療以外にも日常生活で気をつけるべきことを教えさせてもらっていますので、お気軽にお問い合わせ下さいね♪

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP