東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

アナウンス女性

本日のブログは脊柱管狭窄症の紹介をします。そもそも脊柱管狭窄症とは何なのか?名前は知ってるけどどんなものか分からない方もたくさんいますよね。今回は病態や原因、症状、治療に分けて紹介します。

病態や原因

背骨には脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。脊柱管は背骨、椎間板、関節、靭帯などで囲まれています。これらが加齢、労働、ホルモンバランスの崩れなどで変形していき、脊柱管を狭めてしまうことを脊柱管狭窄症といいます。名前の通りですね(笑)では脊柱管を狭めてしまうと、狭くなった脊柱管は脊髄を圧迫します。

症状

脊髄は神経の中枢部分ですから、何らかの原因でそれを圧迫してしまうと当然神経症状がでます。代表的なのは立っている時や歩いてる時の、お尻や足の痛み、しびれです。多くの場合、歩くことで痛みが出現し一定時間休みをとれば再び歩くことができる症状がでます。これを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。脊柱管が狭くなる場所によって出る症状は変わってきますが基本的にどの症状にもお尻から足に痛み、しびれがセットでついてきます

治療

では治療ですが、病院ではそこまで狭窄していなければブロック注射か薬物治療などの保存療法を行います。狭窄がひどい場合は手術を勧められることが多いでしょう。

しかし、注射や薬ではよくなっている気がしない、手術をしても完璧に治るわけじゃないしできれば手術をしたくない。そう思われている方のお声をよくお聞きします。当院ではそういったお悩みをお持ちの患者様が来院され、痛みが改善したとお喜び頂いてます。当院の脊柱管狭窄症に対する治療法は、当院独自の治療法「リメイクボディ平岡式整体」の他、「鍼灸治療」も行っています。ハリって効くの?って思われる方もいらっしゃるでしょう、ハリは脊柱管狭窄症に効きます!!

ハートの雲

お尻や足に出ている痛み、しびれは神経の興奮によって起こります。はりは神経を刺激し興奮を抑える作用がありますので、痛みやしびれを消失させる効果があります。

脊柱管そのものを戻すことは、はり治療ではできませんが、劇的に痛みを抑えることができます。薬や注射では効かない、手術はしたくない、とお悩みのあなた!当院で鍼灸治療を受けてみませんか?

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP