東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

スマホを触る手

前回の記事

春先に出るこの痛みはまさか!?

ストレートネック(スマホ首)の体操の目的と方法

慢性的にうつむき姿勢が多いストレートネック(スマホ首)の人は首だけでなく肩も丸まり『巻き込み肩』や『猫背』になってしまっている場合がほとんどです。その影響を受けて肋骨の前面が詰まり縮んでいる状態です。

ですので体操は首を上に向くだけのストレッチはダメで縮んだ肋骨を広げて巻き込んだ肩を開くという動作をすべて同時に行なってあげる必要があります。

体操①

仰向け体操3

背中(みぞおちの裏あたり)にバスタオルを丸めて棒状にしたものを置いて(縦でなく横向きに)仰向けで寝転ぶ

仰向け体操2

両手を合わせて肘を伸ばし、伸ばしたまま頭上方向に腕を上げていく(腕がカラダから遠くを通るような軌道で)

仰向け体操4

これをゆっくり息を吸いながら上げられる所まで上げていく

仰向け体操2

ゆっくり息を吐きながらスタートポジションに戻る

このストレッチを繰り返すと丸まって固くなった背骨が伸びるのでそれに合わせて脇・お腹・胸などの筋肉が伸ばされてストレートネック(スマホ首)に効果的です。

回数はあまり気にせず気持ち良い程度でOKです!

また必ずゆっくりとした呼吸に合わせて行なうようにしてけっして無理に上げるのではなく腕の重みで上がる所までにしておいて下さいね。

特に背中が丸く固まっている人は手が頭上まで上がらないかもしれません。そんな人はタオルの高さを低くしたり置く位置を少しお腹側に下げると腕が上がりやすくなります。あくまでも無理せずゆったりできる範囲で行なって少しずつ慣らしていってください。

体操②

立体操

両手を後ろに組みます。

立体操2

息を吐きながら上体を反らし組んだ両手を上へ持ち上げてストレッチします。

この状態のまま2~3呼吸保持します。

息を吐きながらゆっくりと戻り手をほどきます。

簡単そうな体操ですが猫背などで背筋が伸びにくい人の場合は、かなりきつい体操かと思います。無理に行おうとすると体幹部をネジってしまい、かえって歪みが大きくなってしまう場合もあります。

筋力トレーニングやストレッチなどでは、どの筋肉を鍛えているのか効いているのかを意識しながら行なうことが重要ですが、この体操も『何のためにそれを行ないどんな効果があるのか?』という理論を知ることも大切になります!

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP