東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

膝関節痛

膝関節の軟骨の変形や、摩耗によって骨の破壊が起こり、これに対応して骨が硬くなったり骨のトゲが出たりの、変形や痛み、運動制限を起こすのが変形性膝関節症といいます。これには老化や肥満などが原因となる一次性と、外傷歴や先天性あるいは後天性の膝関節の病気に続発する二次性があります。一次性のこの変形は原因となる病気は明らかでないものが多く、40歳以上の肥満型の女性によく起こります。二次性は半月板の欠損や過度の運動によるものが属し、20歳代の成人男性に多くみられます。

一次性:加齢による関節軟骨の退行変性、荷重、間節運動での摩耗による関節の変形、肥満、動脈硬化、関節軟骨破壊酵素の活性化、性ホルモンの不調etc

二次性:半月板損傷、靱帯損傷、骨折、化膿性関節炎、関節性リウマチetc

【症状】

痛みは椅子から立ち上がるなどの関節運動時に多く、温泉などの温熱効果で改善する傾向があります。関節の隙間の内側に圧痛を認めることが多いです。症状が進行すると関節が腫れて、膝の輪郭が変な形になります。また、関節の中の液が貯留し膝関節が浮いているようになります。運動制限は多くは痛みのせいですが、やや進行すると曲げにくくなったり伸ばしきれなくなったりします。関節の変形は基本的にはO脚を呈することが多いですが、たまに違う変形も現れます。一番問題なのは太ももの前の筋(大腿四頭筋)が縮む、もしくは筋力の低下です。これが出だすと負荷を軽減させるのはすごく困難になります。

治療が必要な膝になっている方はたくさんいると思います。膝が痛いかもしれませんが1歩踏み出して治療していきましょう!リメイクボディ平岡鍼灸整骨院はそんな前向きな患者様を全力でサポートいたします!

治療編はまた次回に(^-^)

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP