東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

腰痛女性

 

ヘルニアとは

体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは臍ヘルニア(でべそ)、鼠径ヘルニア(脱腸)があります。また、背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核という球がゲル状の組織を外に押し出してしまった状態です。神経が圧迫されることにより腰痛、足の痛みやシビレ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり足が動かせなくなってしまう事もあります。背骨は頚椎・胸椎・腰椎・に分けられその全てに椎間板が存在しますが構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。20~40歳代のどちらかと言えば男性に多く整形外科では非常にポピュラーな疾患だと言えます。

原因は?

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は髄核と呼ばれる軟らかい組織とそれを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織で出来ています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻しそこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状を引き起こすのです。椎間板は10歳代を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが急に重い物を持ち上げる、中腰での日常生活動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。

治療に最適なのは?

椎間板ヘルニアの治療として手術や投薬療法、注射やコルセットなど様々な方法がありますが当院では背骨の矯正による手技療法(リメイクボディ平岡式整体を行なっています。背骨の可動域や生理的湾曲が減っていることで椎間板ヘルニアの症状は悪くなってしまうので背骨の矯正をすることで背骨にかかる負担が減り結果として椎間板ヘルニアの症状は改善されやすくなります。

少しでも疑わしい症状がある場合は、是非当院へご相談・ご連絡ください!

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP