東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」

腰痛 女性3

長い間腰痛に悩まされ耐えきれず、整形外科に行きレントゲンやMRIを撮る。ヘルニアと診断され、お医者さんの指示に従いながら注射をしに通院し、痛み止めを飲んでいる日々…。

痛みが消えずに悩んでいる方、またそのご家族やお知り合いが腰痛に悩まされている方が日本では圧倒的に多いと思います。厚生労働省の調べによると腰痛に苦しむ人は、日本人口では4人に1人、およそ2800万人とされ、年々増加傾向にあります。

 

腰痛患者の原因の8割は見当違いかも⁉

腰が痛くて整形外科にいったがヘルニアが原因と診断された。整形外科で治らなかったから治して欲しい。と言った声を多数お聞きしますが、ほとんどの場合、原因が見当違いなケースが多いです。語弊や誤解が生まれますので説明をいれると、画像診断で精査し診断された方はヘルニアです。ですが本当にヘルニアが原因での腰痛なのか?という所です。

では何が原因か?

通常、神経や血管は筋肉の間などを通っています。その筋肉が固まってしまって、神経や血管を圧迫し神経障害や血流障害を引き起こし、シビレや痛みがでてきます。その他、疲労が溜まり筋肉に酸素が不足し痛みがでる、もしくは関節の動きが悪くなり、動かそうとすると痛みが発生してしまいます。それらのシビレ痛みは皆さんがヘルニアと訴えている箇所が果たして関係しているのでしょうか?

 

当院に通院中の43歳女性が、整形外科でヘルニアと診断を受け注射で通院されていました。だが改善が見られない為手術を勧められたが、本人は迷っており当院へ来院。「腰が痛く足にシビレがある。特にふくらはぎに激痛が走ることがある。」検査をしていったらヘルニアと違う部分に痛みやシビレがでており関節の硬さやゆがみ、筋肉が硬くなっているのが原因とお伝えすると驚いていました。筋肉をストレッチなどで柔らかくし関節を矯正施術で動かしていき、次第にシビレはマシになり激痛が走る回数も少なくなってきたと喜びのお声を頂き、今では症状も改善されました。

 

こういった患者様が後を絶ちません。全員では無いのですが、足にシビレや痛みがあるだけで、ヘルニアが原因の腰痛と診断されることが多いです。もしかしたら私の腰痛の原因も見当違いかもと思う方は、一度ご来院していただき平岡式検査法で調べてみませんか?

東大阪市で整体なら「平岡鍼灸整骨院」 PAGETOP